家系ラーメンマン

~家系一筋4000年~ 有名店から、地域密着店まで、実際に食べてご紹介していきます。地域別カテゴリーはページ下部(PCはサイド)にあります。

壱六家独立店!豚骨らーめん道の醤油チャーシューメン並とうずらとネギ丼並@川崎

第351話

豚骨らーめん道 醤油チャーシューメン並+うずら

 

ま~いどっ、
家系ラーメンマンです🍜

 

今回は、壱系の元祖壱六家出身のお店にお邪魔してきました。

こちらのお店にはオープンしてすぐに伺ったことがあるのですが、おおよそ2年ぶりの訪問となります。


目次(タップで各項目に移動できます。)

 

 

「豚骨らーめん 道」

 

豚骨らーめん道 看板

 

豚骨らーめん 道(とんこつらーめん どう)、2020年1月オープン。

出身店は、タイトルにもある通り壱系の元祖壱六家です。

こちらの店主さんはとは、壱六家上大岡店にいらっしゃった頃からの顔見知りで、今回は色々と貴重なお話を聞かせていただきました。

※横浜市磯子区に本店を置く「壱六家」を源流とする家系ラーメン店群の事、総本山吉村家の流れは汲んでおらず、亜流とされるが、派生店舗を含めると家系最大派閥となる。壱系の店舗はセントラルキッチンで調理するお店が多く、家系ファンの間では賛否が分かれるが、元来壱六家のスープは店頭で炊きだされた生ガラ100%である事が売りである。

家系図は、

壱六家

 |

豚骨らーめん道

となる。

iekei-ramenman.hatenablog.com

iekei-ramenman.hatenablog.com

 

豚骨らーめん道の最寄り駅は、JR及び京急本線の川崎駅。

それぞれから徒歩10程度、仲見世通りの東の端にお店はあります。

京急本線「京急川崎駅」

京急本線「京急川崎駅」

 

仲見世通りの東端、第一京浜に出るあたり、周辺には夜のお店が多く、川崎のアンダーグラウンドな雰囲気を堪能できる場所でもある。

川崎仲見世通りの東端

川崎仲見世通りの東端

 

そういえば、この先の第一京浜を多摩川方面へ進むと、川崎家榎町店もあるな。

豚骨らーめん道 外観

豚骨らーめん道 外観

 

真っ赤な看板には「壱六家独立店」の肩書。

豚骨らーめん道 外観

豚骨らーめん道 外観

 

壱六家出身のラーメン職人さんが作る一杯を召し上がれ。

豚骨らーめん道 看板

豚骨らーめん道 看板

 

入り口脇の写真付きメニュー、壱六家と言えばネギ丼を忘れちゃならんよ。

豚骨らーめん道 入口脇のメニュー

豚骨らーめん道 入口脇のメニュー

 

店頭のA型看板、チャーハンもうまいんだよな、たしか。

豚骨らーめん道 店頭A型看板

豚骨らーめん道 店頭A型看板

 

裏面にはネギ丼とチャーシュー丼。

豚骨らーめん道 店頭A型看板

豚骨らーめん道 店頭A型看板

 

麺はもちろん壱系御用達、長多屋製麺。

豚骨らーめん道 長多屋製麺麺箱

豚骨らーめん道 長多屋製麺麺箱

 

「豚骨らーめん 道」の店内

 

店内に入ると左手で大きめの券売機がお出迎え。

おや、オープン時と比べてメニューが増えたのかな。

豚骨らーめん道 券売機

豚骨らーめん道 券売機

 

ラーメンの味は、基本の豚骨醤油を始めとして、塩、味噌、辛口味噌、油そば、あっさり塩など豊富な品揃え、小食な方向けに半麺味玉+丼なんて気の利いたメニューもあります。

豚骨らーめん道 券売機アップ

豚骨らーめん道 券売機アップ

 

トッピングは定番の、チャーシュー、白髪ネギ、味玉のりなどに加えて、壱系の定番うずらや岩のり、きくらげ、ニラなんかもあります。

豚骨らーめん道 券売機アップ

豚骨らーめん道 券売機アップ

 

店内は少し変則的な作りで、カウンター席がなく全席テーブル仕様、これならラーメンをじっくりとっくり味わえるというもの。

豚骨らーめん道 店内

豚骨らーめん道 店内

 

卓上はこんな感じ。

豚骨らーめん道 卓上

豚骨らーめん道 卓上

 

 

「豚骨らーめん 道」のラーメン

 

本日の注文は、

醤油チャーシューメン並 950円

うずら(5個)        100円

ネギ丼         350円

麺の硬さ、味の濃さ、油の量はすべて普通でお願いしました。

ちなみに醤油ラーメン並は700円、ネギ丼並は350円。

 

気が付けば2年近くご無沙汰してたのか、いくら何でも時が経つのが早すぎるぞ、などと考えながら待つことしばし・・・

 

来た来た来ました、醤油チャーシューメン並にうずらとネギ丼!!

豚骨らーめん道 醤油チャーシューメン並(950円)+うずら(100円)+ネギ丼並(350円)

豚骨らーめん道 醤油チャーシューメン並(950円)+うずら(100円)+ネギ丼並(350円)

 

丼に並々と注がれたオイリーなスープ、うずら、そしてずっしり重いネギ丼、これはなかなかのボリュームだぞ。

豚骨らーめん道 醤油チャーシューメン並(950円)+うずら(100円)+ネギ丼並(350円)

豚骨らーめん道 醤油チャーシューメン並(950円)+うずら(100円)+ネギ丼並(350円)

 

醤油チャーシューメン並の具は、チャーシュー5枚、のり3枚、ほうれん草、うずら6個(1+5)、スープ中に先入れの薬味ねぎが少々。

豚骨らーめん道 醤油チャーシューメン並(950円)+うずら(100円)+ネギ丼並(350円)

豚骨らーめん道 醤油チャーシューメン並(950円)+うずら(100円)+ネギ丼並(350円)

 

壱系のお店に来ると頼みたくなるうずら、貴重なたんぱく源です。

スープとうずらアップ!!

スープとうずらアップ!!

 

では、いただきます!

 

まずは麺、こちらの麺は前述の通り長多屋製麺の中太ストレート、丁度いいゆで加減で、もっちり感は少ないが、コシがあってつるつるの喉越し麺、うん、壱系にはやっぱこれだね。

スープは、油分多めの豚骨醤油、醤油たれのすっきりとした酸味と香りが、どこか爽やかささえ感じる味わい。

だしとかえしのバランスがよく、壱六家本店と比べると少し香ばしく、軽やかな感じがするぞ。

豚骨らーめん道 長多屋製麺

豚骨らーめん道 長多屋製麺

 

壱系のアイデンティティ、うずら、ぷちっと食感が楽しい。

豚骨らーめん道 うずら

豚骨らーめん道 うずら

 

チャーシューは柔らかで程よく脂がのった煮豚、ちょいとろな感じがいい。

豚骨らーめん道 チャーシュー

豚骨らーめん道 チャーシュー

 

そして改良型ネギ丼、何でも壱六家の物とはちょっと違う、とのこと。

味もそうだが、なかなかのボリューム、1合弱はあるご飯に、細切りねぎ、チャーシュー、うずら、甘酸っぱいたれがかけられた一品。

ちょっとこってりしたラーメンに対して、このあっさり加減が丁度いい。

豚骨らーめん道 ネギ丼

豚骨らーめん道 ネギ丼

 

刻み海苔がいい仕事してますねぇ。

なかなかのボリュームネギ丼

なかなかのボリュームネギ丼

 

お腹パンパン、ごちそうさまでした。

空になった丼

 

「豚骨らーめん 道」の動画

 

豚骨らーめん道の醤油チャーシューメン並とネギ丼を動画でもお楽しみください!!

チャンネル登録も是非ともよろしくお願いいたします!!

youtu.be

 

本日も美味しい家系ラーメンをごちそうさまでした!!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!!

ご意見、ご感想などお気軽にコメントして行って下さい!!


店舗情報

豚骨らーめん 道

■営業時間

11:00~4:00

■定休日

火曜日

■場所

神奈川県川崎市川崎区東田町10 30KSビル102

・JR線川崎駅東口から徒歩10分ほど

・京急本線京急川崎駅から徒歩8分ほど

■駐車場

なし

■地図

※店休日、営業時間は変更になる場合がありますので事前に店舗にご確認願います。

 

告知
家系ラーメンマングッズ出来ました!

suzuri.jp