家系ラーメンマン

~家系一筋4000年~ 有名店から、地域密着店まで、実際に食べてご紹介していきます。地域別カテゴリーはページ下部(PCはサイド)にあります。

2020年1月7日、あの有名店から独立オープン!「豚骨らーめん道」@京急川崎

第95話

 

f:id:iekei_ramenman:20200120025358j:plain

 

ま~いどっ、
家系ラーメンマンです🍜

 

今回はtwitterにて新店情報をキャッチ!

なんと、あの有名家系ラーメン店から独立されたお店という事で、これは急ぎ行かねば、いつもお世話になっている真っ赤な車両の京急電鉄に飛び乗り、いざ京急川崎へ!

 

「豚骨らーめん道」 

 

f:id:iekei_ramenman:20200121211326j:plain

 

 

 

「豚骨らーめん道(どう)」

看板に書いてあるのでもうお分かりかと思いますが、家系ラーメン界隈で一大勢力を築いている’’壱系’’その元祖、「壱六家(いちろくや)」からの独立だそうです。 

iekei-ramenman.hatenablog.com

 

車両は真っ赤だけど看板は真っ青、京急川崎。

f:id:iekei_ramenman:20200120235632j:plain

京急川崎駅

 

大師線のホームを横目に見ながら京急川崎駅の中央口を出ると、目指すは仲見世通り、駅の付近には一蘭や蒙古タンメン中本や吉野家や、あ、これはラーメンじゃないか、とにかく各種の誘惑が待ち受けています。

 

駅からお店までのルートはこんな感じ。

f:id:iekei_ramenman:20200121001649j:plain

京急川崎駅~豚骨らーめん道

 

コンビニからキャバクラまで、ありとあらゆるものが揃ってそうな仲見世通り。

川崎のこういうごちゃごちゃした感じ、嫌いじゃないです。

仲見世通りに入ってひたすら真っすぐ突き進むと、第一京浜に突き当たる少し手前の左手にお店が見えてきます。

f:id:iekei_ramenman:20200120235740j:plain

仲見世通り

 

真新しい真っ赤な看板、

誇らしげに書かれた「壱六家独立店 豚骨らーめん道」の文字がまぶしい。

f:id:iekei_ramenman:20200120235511j:plain

豚骨らーめん道 外観

 

豚骨らーめん道の店内

 

流石にオープンしたてで綺麗な外観、店内に入るとこれまたピカピカ。

入り口左手に券売機と、正面には見覚えのある店員さんがお出迎え。

開店祝いの花も飾ってあり華やかです。

f:id:iekei_ramenman:20200120235828j:plain

豚骨らーめん道 券売機

 

カフェかレストランの居抜きらしく、ラーメン店らしくない席の配置、カウンターがないのでテーブルを厨房との仕切りに寄せて無理やりカウンターぽい席が作られています。

もとがテーブルなので卓上が広くて気持ちがいい。

先ほどのホールにいらした店員さん、以前壱六家上大岡店にいた方でした、見覚えあるわけだ。

f:id:iekei_ramenman:20200120235857j:plain

豚骨らーめん道 卓上

 

 

豚骨らーめん道のラーメン

 

本日の注文は、

醤油チャーシューメン並 950円

ライス         100円

麺の太さは太麺、細麺から選べるとのことで、太麺、味の好みはすべて普通でお願いしました。

 

ちなみに醤油ラーメン並は700円です。

メインの豚骨醤油の他に、塩、つけ麺、油そば、たまり醤油らーめん、あっさり塩ラーメンがあり、トッピングは白髪ねぎ、味玉、うずらなどなど。

ご飯類はネギ丼やTKGこと卵かけごはんなんかもあります。

メニュー構成は壱六家とほぼ一緒ですね。

 

変わった作りの店内を観察しつつ待つことしばし・・・

 

 

やってきました、私のラーメン!!

f:id:iekei_ramenman:20200120235926j:plain

豚骨らーめん道 チャーシューメン+半ライス

 

具の構成はチャーシュー、ほうれん草、うずら卵、海苔、ざく切りの薬味ネギ少々。

ルックスは壱六家のラーメンそのもの、丼のふちに少し泡が浮いているのは炊き立てほやほやの豚骨100%スープの証ですね。

う~んよだれでる。

f:id:iekei_ramenman:20200120025358j:plain

豚骨らーめん道 チャーシューメン

 

茶濁スープの表面に浮かぶ鶏油(チーユ)。

f:id:iekei_ramenman:20200121000034j:plain

スープアップ!!

 

さぁ、それではいただきましょう!

まずは麺から、麺は壱六家御用達、長多屋製麺の中太ストレート。

これこれ、いつものあの味だ。

店員さん曰く、レシピは壱六家そのものだそうです、が、スープがまだ若いようでどことなくフレッシュ、初々しい爽やかさのある豚の旨味たっぷり豚骨スープに、醤油だれがキリッと効いて、なんというか、濃厚なのに爽快!

f:id:iekei_ramenman:20200121000105j:plain

豚骨らーめん道 麺

 

チャーシューは気前のいい大判チャーシュー、スモークではなく煮豚の様です。

熱々スープによ~く沈めてからいただきましょう!

f:id:iekei_ramenman:20200121000126j:plain

豚骨らーめん道 チャーシュー

 

壱六家のアイコン的トッピング、うずら卵。

f:id:iekei_ramenman:20200121000146j:plain

豚骨らーめん道 うずら

 

ライスには豆板醤とごまをた~っぷりかけて、チャーシュー、くたくたほうれん草、スープが染み渡ったのりを乗せていただきます。

ご飯をひとくち口に含み、レンゲですくった濃厚スープで追っかける。

すると口の中で宴会が行われているようなどんちゃん騒ぎが始まる、はぁ~食べ終わるのが名残惜しい・・・

f:id:iekei_ramenman:20200121000214j:plain

ライスに色々乗っける

 

動画でも豚骨らーめん道のラーメンを堪能してください!!

 

 

まとめ

 

豚骨らーめん道、なんで川崎なんだ、通うのにはちょっと距離が・・・

定期的に食べたい、食べたくなるラーメンでした。

ちなみにラーメン注文で、「私はtwitterを見た!!」と店員さんに告げると、日替わり特典があるようなので、そちらもチェックしてみて下さい。

お店のtwitterリンクは下記店舗情報欄に記載しました。

f:id:iekei_ramenman:20200121000251j:plain

ごちそうさまでした!!

 

 

本日もごちそうさまでした!!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!!
ご意見、ご感想などお気軽にコメントして行って下さい!!

 

店舗情報

豚骨らーめん道(どう)

■twitter

壱六家独立店 豚骨らーめん道 (@0122TONKOTU) | Twitter

営業時間など変更になる場合がありますので、

上記twitterにてご確認下さい。

■営業時間

11:00~22:00

■定休日

火曜日

毎月第一水曜

■場所

神奈川県川崎市川崎区東田町10-30

・京急本線「京急川崎駅」から徒歩8分ほど

・JR「川崎駅」から徒歩9分ほど

仲見世通りの国道15号側入り口辺り

■駐車場

なし

■地図

※店休日、営業時間は変更になる場合がありますので事前に店舗にご確認願います。